電子部品の一つにサイリスタ出力フォトカプラと呼ぶ部品があります。フォトカプラの場合は発光ダイオードとフォトトランジスタが内蔵してありますが、サイリスタ出力の場合はフォトトランジスタではなくサイリスタが内蔵してあるのが特徴です。サイリスタはダイオードの一種、ダイオードにはアノード、カソードの電極があるのに対し、サイリスタにはゲートが設けられています。ゲートはアノードとカソード間の電流をコントロールする電極で、プラス電源で駆動する回路の場合、ゲートに電圧を与える事でアノードとカソード間に電流が流れるようになる、ゲートに与える電圧をゼロにするとアノードとカソードは絶縁状態になります。尚、ゲート電圧を下げると同時にスイッチオフ状態になるのが特徴です。

フォトカプラはオンオフスイッチとしての機能を持ちます

フォトカプラの場合、フォトトランジスタのコントロールを発光ダイオードの光を利用しているのに対し、サイリスタ出力フォトカプラの場合は、サイリスタのゲート端子でスイッチのオンオフを切り替えるなどの違いがあります。どちらも発光ダイオードの光でコントロールしている共通点を持ちますが、フォトトランジスタは光を受けている間はオン状態になりますが、受光がゼロになるとオフ状態になります。これに対してサイリスタはゲートに流す電流はトリガーとして1度だけ流せばオン状態を維持するなどの特徴があります。サイリスタのゲートはトランジスタのベースに相当するもので、ゲートへの入力によりアノードからカソードに電流が流れる、ゲートへの入力を再び行う事でサイリスタのアノードからカソードに流れる電流をオフする事が出来ます。

トリガー入力によりオンオフを切り替えるのが特徴

デジタル回路で利用する事が多いパルス波は0もしくは1の切り替えを行う信号になります。矩形波とも呼びますが、パルス波はトリガーが必要な電子回路の中で利用されるもので、サイリスタ出力フォトカプラのゲートコントロール信号として利用する事も可能です。サイリスタ出力フォトカプラのゲート入力はトリガーとして一度だけ信号を与える事でスイッチとして動作する事になります。例えば、1秒毎にオンオフを切り替えたい場合には、1秒毎に1もしくは0に変化するパルス波を与えてあげる事で、サイリスタのアノードとカソードの電流をコントロールする事が出来るようになるわけです。これは一般的なフォトカプラやトランジスタを使ったスイッチング回路とは異なり、一度信号を送る事で保持する事が出来ます。