ポイントをおさえて動画制作会社を選ぼう

   

動画制作会社はたくさんあります。これらの会社は種々の業界で仕事をしてきたのでそれぞれの業界に合わせた特徴を持っています。これらの中から目的に合わせて会社を選択するのは極めて大変で慎重な検討が必要です。
まず過去の制作実績を見てその映像の品質を判断する必要があります。実績の多い制作会社ならかなりの品質を持った動画を制作することが可能でしょう。次に判断すべきはシナリオを含めた企画力です。本当に心を打つような内容で人に訴えるような内容が表現されているか、見た後で印象に残るような内容か、現在の社会状況で多くの人が感心してもらえるものかなどがポイントになります。過去にも有名な動画は多くの人の間で人気が出て話題になったものがあります。広告、宣伝ではこのポイントが重要です。
次に動画制作の費用です。以前は動画を撮るということは莫大な費用が必要でしたが、最近は極めて安く制作するといった会社も出てきています。目的に合わせて見積もりを取り、慎重に検討する必要があります。

選定で注意する点

複数の動画制作会社からの見積もりを比較することは必須です。この見積もりを比較する際に注意する点が以下のものです。
まず項目の内訳で企画や演出が入っているか否かが大切です。よく動画の撮影だけで企画や内容はクライアント側が責任を持つといった例もあります。クライアント側の意図を組んで効果的な広告用動画を提案してくる会社を選ぶべきです。
動画は見てみないとわかりませんから、どうしても見てからの修正が必要になることがあります。この修正をどの程度見積もっているか最初によく打ち合わせる必要があります。また動画を使った広告にはそこで撮影された動画以外に写真や既存の動画、既存のアニメ等の素材も必要になりますが、これらはクライアントの手配なのか制作の見積もりに入っているのかを聞いておく必要があります。
制作会社の企画力や動画の品質等は過去の実績より判断する必要があります。

企画力のある動画制作会社

企画力ほど判断しにくいものはありません。特にスマホを含めてSNS流行の時代であるため、何が人を引き付けるのかはさらに複雑になっています。これらの動向にも敏感で知見のある企画者が必要になります。
さらには広告したい対象の業界の動向を把握してどう宣伝したら効果があるかを検討できるか否かも重要です。
商品の広告の場合これまでの類似品と差別するポイントや特徴、他社の動向も理解し企画することが求められます。クライアント側の商品、特徴を分かっている担当者と話をして対等に付き合っていけるか否かで判断する必要があります。
また商品のユーザ側の嗜好や流行についても調査が可能でこれと対比して説明ができることが望まれます。企画にかかわっている人の実績やブログ等を調べてどういうセンスの持ち主か判断するのも有効です。