費用はいくらかかる?動画制作会社での動画制作

   

動画制作にかかる費用はかかわっている人の人件費と利用する器材等の費用です。後者は特殊な撮影をしなければ比較的見積もりがしやすいものですが、前者の人件費はかかる時間、かかわっている人の知名度、スキルにより大幅に変動し、何をしたいかによって全く異なったものとなります。特に人が出演する映像の動画や特殊な背景による撮影となるとその内容によりかかる時間もまちまちで、見積もりもかなり難しいものとなります。
ハリウッドの映画は特殊撮影で価格が高騰していきましたが、コンピュータグラフィックスの導入でかなり費用が抑えられてきたというのは有名な話です。コンピュータグラフィックスの場合、作業内容が決まっており、比較的かかる時間の見積もりもしやすく作業者も通常的な賃金での作業が可能です。
動画は見てみないとその価値が分かりません。途中段階でよく打ち合わせをして目的のものができるかチェックする必要があります。

費用の相場

種々の動画制作会社の費用の内訳を比較しているサイトまで登場しています。ここでは企画段階、撮影段階、編集段階でその費用を比較しています。
動画制作会社の費用の内訳はそれぞれの段階における人件費と器材の使用料ですが、後者は特殊な撮影を行わない限り比較的標準に近いものになります。人件費はその能力、知名度によりかなりばらつくこともあり注意が必要です。
また創造性を必要とする企画段階や画面構成の設計段階は企画力や想像力が必要で必ずしも標準と異なることがあり、行き違いが起こらないように綿密な打ち合わせが必要です。そのためにはクライアントの担当者もある程度の広告や画像制作についての知識、感覚のある人があたるのが望ましい場合があります。クライアント側でシナリオ案を用意したり他から既存の画像を用意したりすれば費用が削減される場合も考えられます。

費用の削減に向けて

映画はコンピュータグラフィックスの進歩でずいぶん安く作られるようになりました。特殊なシーンの撮影では従来はスタントマンが現実に近い危険なシーンでの撮影を役者に代わって代行していましたが、現在は役者が空中に吊り下げられてその動作のみを撮影し、後でコンピュータグラフィックス技術によりそのシーンの背景と接続するような手法がとられています。
過去に撮影された映像を使えば安くなると考えられますが、映像には著作権があり、その撮影者、出演者等に費用を払う必要があります。テレビなどで放映された景色のシーンの動画やインターネットに流れている動画にも素晴らしいものがありますが、これらの動画はすべて著作権で保護されており対価を支払わなければなりません。
これに関しても動画をインターネットで販売するサイトも多くみられます。これらの動画を利用するのも費用削減の方法です。