動画制作会社を利用する広告の方法と種類

   

広告は我々の生活のあちこちに見られます。民放のテレビは番組途中で多くの広告が流れ、街を歩けばあちこちに貼られた看板や張り紙が目につきます。配られる広告等紙の広告はかなりの割合を占めていますが、近年伸びているのはインターネットやモバイル端末による広告です。
現在総広告費20%近くを占め動画による広告も10%近くにのぼっています。特にスマホ中心のモバイル端末での広告費の伸びは著しく、すでに広告費全体の15%程度にのぼります。広告の取引に関してもテレビや看板等の広告では挿入する時間や貼る場所で取引されますが、インターネットやモバイル端末の場合は見る人がその広告にアクセスする必要があるため、取引方法も種々の方法があります。例えば閲覧する人が広告を見るというアクションを行った場合にのみ広告費が支払われるような手法も現れています。この場合はユーザに何らかの贈り物を送る等の工夫も効果的です。

動画制作会社で制作した動画による広告

動画での広告宣伝がどれだけ効果があるのかについて説明します。動画を使った広告はここ数年うなぎ上りに伸びています。その理由の一つはSNSのように再生された時間により課金するような業者が出てきたため動画の広告を出しやすくなったことが挙げられます。
またどれだけの人がこの動画を見たか、さらにそれにリンクした広告にアクセスしたかが管理しやすいことがあります。他の広告のように本当にユーザが見たかどうかが分かりにくく、効果も判断しにくいものと比較してデータを管理して次の広告の出し方にフィードバックすることが可能です。
他の広告に比べてクリック率が上がるという調査結果もあります。動画広告の効果が高いのは商品やサービスの特徴を宣伝して認知度を上げるための動画です。有名な俳優が出演するものや、特殊なアクションで驚かせるような動画だと視聴者の目はひきつけられます。

広告の費用対効果

動画制作会社により制作された動画の利用として企業、商品の広告、宣伝に使われるものが多いのですが、実際に動画を制作するのにかかる費用は企業内では広告宣伝費として扱うのは難しく一般的には固定資産の扱いです。これは製作した動画がくり返し使われるためです。
しかし企業にとってはこの費用も広告宣伝のためのものですから広告宣伝費とリンクさせて検討しています。
宣伝広告に対して企業としていくら掛けるのかという判断はその広告によりある商品や事業がどれだけ売り上げが伸びて、利益が出るかの予測であるため極めて難しく、一般的には売り上げの何パーセントといった比率で管理しています。当然のことながらこの比率は景気の影響を受け、不景気の時にはかなり削減されます。広告宣伝会社のボーナスが景気により大きく変動するのもうなずけることでしょう。